FC2ブログ

青島食堂 全店制覇の旅 新潟市南万代店とバスカレー

Category大人の休日倶楽部
さてさて、この日は夜に本業が控えているおときゅう2日目の月曜日。

この時期、自営業とは言えこちらの都合で勝手に本業を休むことなんてできません。

ならば夕方までの短い時間ででも消化したいおときゅう切符。これまでのおときゅう利用状況において、期間中に一度もどこにも行かず空白の一日を作ったことがありませんから(ケチ爆)

前日に考えに考えた末(5分ほど爆)、導き出した結果は、いなほで新潟まで行き、速攻でまたいなほで帰ってくるというパターン。

しかし昔のダイヤと比べると、いなほの融通性はめちゃ悪いです。

それでもなんとか酒田まで鈍行で行くと、そこから新潟行きの始発なので自由席をゲットできます。


東京まで行かないならば、朝も比較的楽な時間。

午前7時44分発の鈍行で、仁賀保高校へ通う学生達と一緒に羽後本荘駅からいざ出発。

酒田には8時50分の到着。



そして9時11分発のいなほの自由席をゲット。

ちなみに酒田駅のNewDaysが閉店しておりました・・・(泣)

もちろんこの日は夜に仕事なので呑めませんから、コーヒーでも買おうと思ったのですが・・


すると幸い隣接する清川屋さんが営業しており、そこでデロンギのコーヒーを買うことができました(安堵)



11時15分には定刻で新潟着。

そこから一路目指すは、駅から徒歩7分程の「青島食堂南万代店」です。

IMG_7799.jpg


やはり今日も今日とてラーメンかと自分でも少し呆れますが、実はこの行動、ケンちゃんラーメン全店制覇ならぬ、青島食堂全店制覇の一環なのであります。

それほど気に入ったラーメンです(苦笑)

IMG_7796.jpg

ほぼ予定通りの到着。

しかし、ここは年配店主のワンオペのお店。提供が遅れたらその後の計画にも大きく影響します。

幸い店内に私の分の一席だけ空席あり!!


その席は窓際で、厨房に背を向けて座る変わった位置取りでありました。

隣の人との距離、わずか数十センチ(汗)

券売機で発券すると、厨房に伝わるシステム。

ですが、程なくしておやっさんが持ってきたのは隣の人がオーダーしたやつ(爆)

お互いに主張して自分のものを間違いなく受け取りましたが、
「ごめんごめん、間違った」とおやっさんもうっかりさん(笑)

カウンターではどっかのおばさんたちが「ここのチャーシューってテイクアウトできないの?」と勇気ある発言をしておりました。

もちろんおやっさんは「それはねぇ、できないんですよ」とバッサリ(爆)

「結構そう言われる方が多いんだけどね、営業の最後までチャーシューを使わないといけないからダメなんだよ」
と断っておりましたよ。

「だってここのチャーシューって美味しいのよね~」とおばさんたちも持ち上げておりましたが、ダメなものはダメみたいでした(背中越し)

先日の長岡曲新町店で持ち帰り頼まなくて良かった~(自爆)

おっと、忘れてた。
これが南万代店の青島ラーメンネギ増しであります。

IMG_7797.jpg

前回チャーシュー麺に100円チャーシュー増しにして大後悔した反省のもと、今回はシンプルにしました(笑)

IMG_7798.jpg

ここの麺は非常にちょうど良い硬さでありました!!

そしてこれまでの青島食堂の中では一番小麦の風味が感じられたというか・・

麺は全て本店の近くにある製麺所で作られているはずなので違いはないはずですが・・

なぜか美味しく感じましたよ!!茹で加減なのかなぁ。

スープも生姜は相変わらず控えめですが、青島食堂独特のカエシと脂感、それにほうれん草の風味が加わりチャーシューがより美味しく感じられます。

あまりにも美味しいので隣の大盛り食べてる人より5分も早く完食です(爆)

というか、せっかくここまで来たんだから、他でももう一食と、食べながら欲が出てきていたのでありました(笑)

もちろん帰りのいなほの都合上、遠くまでは行けません。
徒歩範囲で、提供も早いところでなくてはいけません。

それならば・・・

かねてから一度食べてみたかった「バスセンターのカレー」

正式には万代シテイバスセンタービル内にある「万代そば」のカレーですね。

青島食堂から徒歩5分ほどでとうちゃこ。

オーダー予定はもちろんラーメン一杯食べ終えた直後でありますから、ミニカレー390円。

IMG_7800.jpg

お昼時ということも相まって、月曜日なのにすごい行列です。

人気の高さに驚きました。。

それでも立ち食いなので回転率はすこぶる良く、すぐに券売機の前へ進むことができました。

そこでミニカレーとお土産用のレトルトを一箱ポチります。

ミニカレーは1分ほどでできあがり、そこらへんの立ち食いスペースで一人がっつきます。

IMG_7801.jpg

前情報があったのでそれほど驚きませんでしたが、それにしても「どこがミニやねん!!!」と初めての人は必ず心の中で叫ぶことでしょう(笑)

ぶっちゃけ、青島食堂の直後の連食の量としてはキツかったです(苦笑)

前情報無しで普通盛りなど頼んでいたら間違いなく撃沈でした(苦笑)

さてさてこの黄色いカレー、どこかで似たようなのを食べた記憶があり、撮り溜めた写真と共に時を遡ってみたら…

3年ほど前に食べた岩手県金ヶ崎町の役場前にある「高砂」さんのものと色合いも激似ということを発見。



推測ですが、両者とも瀬古利彦のカレー粉(これはマスト)と小麦粉、それにラーメンスープか蕎麦のお出汁を混ぜているのではと思われますが、昔懐かしい味というのは両者間違いなく、生まれた頃から具沢山でルーにこだわった美味しいカレーを食べて育った平成生まれの若者には好かれないかもしれませんね。

食べログやGoogleの口コミで低評価をしている方達はどうも…

私には懐かしいというよりも、カレーの原点を見せつけられたような気がしました。

バスカレーの方は、なかなか肉に出会えませんでしたが、最後の最後、折り重なったバラ肉がゴロッと出てきて満足(笑)

具の切り方も大きく崩れてないし、これで値上げ後でも390円という価格設定には頭が下がります。

青島ラーメンとバスカレー、大満足のお昼を済ませて、大急ぎで新潟駅へ戻ります!

急げば最短12時41分発のいなほ5号に間に合いそうです!

そして、結果大急ぎで歩いたおかげでそれに乗り込むことができ、新潟滞在わずか一時間ちょいで大返し(笑)

夜の仕事にも余裕で間に合い、一人、してやったりとほくそ笑む私なのでありました(笑)

さて今回のおときゅう。

明日がメインイベント

しかししかし、とんでもない事態が私(達)を待ち受けているのでありました!!ほら、あの事件ですよ(謎)
関連記事

スポンサーリンク

0 Comments

Post a comment