FC2ブログ

酒田市八幡地区攻め

Categoryらーめん
本業の本番が間も無くという時期になると、どうしても身も心も落ち着かなくなります。

少しでも昼の時間が取れればすぐに南下してラーメンというのは毎年のパターン。

ならば毎度「海辺」まで行けばいいだろうと言われる方もおられるでしょうが、さすがにお昼少し前に出て往復200キロは夕方からの本業に間に合わんとですたい。

なので行ける候補地区は遊佐、八幡あたりが精一杯。

この日はワンコーズの散歩も早めに済ませ、いざ向かわん、酒田の奥、旧八幡町!



未訪のお店「中華そば かなや」さんを目指します!

到着は午後1時過ぎ、夕方まで通し営業と食べログ先生は教えてくれましたので、余裕のよっちゃんイカ!(爆)

店舗裏にある駐車場に停めていざ入り口へ!

すると、店内からオカモチを持った若いオネイサンが出てきて、店に入ろうとする私に言うではありませんか。

「あー、あと今日終わってしまったー!!」

と…orz


この敬語もなく、つらつけねしゃべり方が庄内弁の良いところだと思うのですが、この時ばかりは胸に刺さりましたなぁ…


早仕舞いだとしてもせめて午後2時でしょうよ…(泣)

何か特別な事情があったんでしょうね。


「すみません~m(__)m!」


という声を背中越しに聞き、泣く泣く駐車場に戻ります。


グズグズしてる暇はありません。


次の候補を選ばねば!


幸いにも八幡地区には食堂が多く、ちょっと探せば良いお店が出てきます。

気を取り直して向かったのは、そのかなやさんからほど近い「一幸食堂」さん。





いがった~暖簾出てる~!





かなやさんでは裏メニューと呼ばれる「チャーシュー麺」を頼むつもりでしたので、チャーシュー麺!と言いたかったのですが、急に気が変わり直球の「らーめん」をお願いします。

お客さんは私の他二人。

100パー地元の方と見受けました。

それでもオーダーから結構時間が掛かっての着丼です。



丼からふわっと煮干しの良い香りが立ち上ってきます。

本当にザ・中華そばといった、全く気を衒わない中華そばのストロングスタイル。
この系統、大好き!



最近あまり言うことのなかった「硬めで」と頼んだものの、オバチャンにどシカトされてしまった麺です(笑)

でもノーマルでもしっかりとした硬さでちょうど良かったです。

お腹も空いていたのであっという間に完食!

壁に貼られていたアントニオ猪木先生の「道」の詩を読んでいたら、どうしても次の店に行きたくなりましたよ。行けばわかるさ(爆)



道路を挟んでお店の向かい側にも駐車場があります。
かなり混んでなければ駐車に悩むことはないでしょうね。

さてさて、次はもう決めていました。

これまで何度も訪れている「八森温泉 ゆりんこ」の食堂です!



ここのラーメンの麺は、あのマエストロ池田氏の作品です。

美味しくないはずがないのです。





午後2時営業終了の15分前の入店でした(汗)



おっ。PayPayが使えるではないか。

これを使うには一旦温泉のフロントまで行って、そこでQRコードを読み込んで注文すると言うシステムです。

確かここにはラーメン小があったはずと思いましたが、私の記憶は間違っていませんでした。

2杯目としては助かる値段と麺量です。





うん!やはり間違いなく池田氏の手打ち麺です。

スープはもちろんここのオリジナルですが、本家(酒田市半月)と違った風味で、ここのラーメンも大好きなのです。

3分もしないで完食!(笑)

帰り際、厨房のオバチャンに「ここまだ半月さんの麺使ってますよね?」と聞くと「そうです~あそこの麺とっても美味しくてのぉ!!」とのお返事。

良かった良かった。

これでもし「あー、半月さんのとこは辞めだのよの」何て言われたらその場で核自爆するところでしたよ(笑)

たかが温泉の食堂と侮ることなかれ!
めちゃおすすめの食堂、ラーメンなのであります!

てなわけで,本業のコピー作業待ちの間に一気に書き上げたこのブログ、つまんなくてごめんなさい(苦笑)
関連記事

スポンサーリンク

0 Comments

Post a comment