FC2ブログ

鶴岡市 琴平荘 第20期オープン日

Category琴平荘
IMG_6891.jpg

嵐の静けさ・・といった感じの館内・・・。AM5:30・。。

この5時間半後この大広間は、地元はもちろん全国から集まった熱烈な琴平ファンで埋め尽くされていきます。。


2021.10.1(金)

ついにこの日がやってまいりました。

いざオープンしてみれば、長いようで短かった4ヶ月間の辛抱でした。

記念すべき20期、私も気合が入りました。

誰にも影を踏まさないシャッター長を奪わねばなりません。

結果として・・・・

IMG_6897.jpg

無事にゲット。。。!!

その後秋田市から始発の電車でやってきたCEO氏と、花火競技会管内から駆けつけたROO姐が加わり、三人で入館。

IMG_6898.jpg

玄関の下足棚の上には、琴壱店主、琴の店主を始め、スタッフや琴平荘ファン一同の皆さん他による記念品が所狭しと並んでおりました。(琴信会はどうした!!??笑)

また玄関では社長自らがシャッターで並んだ皆さんに記念の「丼」を配っておられました。

それがこちら。

IMG_6899.jpg

記念すべき20thの0の部分が掛神家の家紋となっております。

このデザインを手がけたのは山形を代表するローカルタレント「ミッチー・チェン」さんかと思われます。

IMG_5893.jpg

詳細はさておき、秋田で言えば「シャバ駄馬男」さんや「バリトン伊藤」さん、「石垣政和」さんのように地元をメインに頑張られているタレントさんです。

この日はなんとホール係として奮闘されておられました!!

IMG_6952.jpg

この日のオーダーは前日から社長に頼んでおいたので、他の二名には申し訳なかったのですが、全員同じデフォ、つまり醤油のあっさりとなっております。

昨年は初日にメンマ中華の超こってりという変化球で入ってしまったので、若干の後悔があったのであります。
まずその期の一発目に食べるのは、やはり社長が一番自信を持って提供、そして一番食べてもらいたいという「醤油のあっさり」、これが基本だということを思い出し、初心に立ち返って頼んだ次第であります。

IMG_6912.jpg


10時47分、着丼であります。

いつもならば三人同時に配膳となるところですが、この日は社長の気遣いか、私に一番丼が運ばれてきました(嬉)

この瞬間を待ち望んいたので、まず写真を取るのを忘れて食べ始めるなんてことはよくあるのですが、この日はなんとマスクすら取り忘れて丼に顔を持っていくところでした(自爆)

本当ならば写真など撮っている場合じゃないのですが、それはそれ。

2022年5月31日まで続くであろう第20期の記念すべき一杯目ですからね。麺リフトする右手も若干震えますわ。

IMG_6913.jpg

おや? なんか気のせいだろうか、麺が細めに思えたのですが、後日社長に確認したところ、特に切り歯を変えたわけでもなく、目立った改良はしていないとのこと。
加水率を上げたうえに気温が高いので、箱詰め作業する時に軟らかい麺なので、縮れがより付き、細目になっているだけの事 だそうです。
そういえばもちぷる感がかなり強く感じました。

眼の前でミッチー・チェンさんがインタビューしながら助手さんにカメラを回させているので、正直食べた気がしませんでした(汗)

「麺が進化したような気がしますねぇ・・。力強くなったような感じを受けます」などと、また的はずれなコメントをしたと思います(自爆)

そんなこんなで、丼の下に穴でも空いているのではないかという勢いでスープと麺がなくなってしまいました(笑)

IMG_6910.jpg

10時58分、完食完飲であります。

眼の前のROO姐の大量に残したスープを奪ってでも飲みたいくらいの旨さでありました(爆)

気がつけば、おみやげコーナーには様々なおニューのお品が並んでおりました。

IMG_6902.jpg

新デザインの琴平荘タオルであります。(1,000円)

IMG_6906.jpg

阪神ぽいカラーでいいっすね(笑) おそらく文字をデザインしたのはミッチーさんの知り合いの書道家と思われます。

IMG_6901.jpg

レンゲもなかなか素敵なのですが、個人的に使わない人種なので、これは他の皆様に買っていただくためにそっとしておきましょう(笑)

IMG_6904.jpg


IMG_6905.jpg

基本的なメニューや価格は昨期同様ですが、黒磯海苔という新しいトッピングが追加されました。
これは食べた人にはかなり好評のようでしたね。

そして・・・私がかねてより公言している「琴平荘で一番好きなのはネギ(爆)」が無料から50円になっておりました(苦笑)

ネギも高いですからねぇ。50円増しくらい当然のことで、これが今まで無料でやってくれていたことに感謝です。
そしてその大好きなネギをスライスしている「大おかん」さんのためにも大歓迎ですよ。


まあ、それにしてもやはり「掛神淳」という男は凄い男です。

ラーメンを作らせては天下一品なのは当たり前ですが、様々な料理の素材や調理法に精通しており、何を作らせても超美味いものを作り上げる才能に溢れております。

本人が公言しているように、◯性にはモテないかもしれませんが、男性にとってはいろんな意味において本当に魅力的な男です!! (核爆)

今期も8ヶ月、よろしくお願い申し上げます!!

琴平荘大広間で食べられない方はこちらから!! 全く同じ中華そばを食べられます!!


79.8
関連記事

スポンサーリンク

琴平荘

0 Comments

Post a comment